紫外線から肌を守れ!紫外線の正しい知識

はじめに

夏と言えば、海やプールなど肌を露出する事が多くなる季節かと思いますが、紫外線って身体にとって非常に悪影響を及ぼすものですので、しっかりと対策をしていきたい所なのです。

女性は、特に日焼けなどに敏感で気にしている方も多いかと思いますが、男性の方も紫外線を気にして対策をしていた方が良いんです。

 

今回は、そんな紫外線がもたらす身体への影響、そして予防策などを記載して行きたいと思います。

 

紫外線の種類

紫外線には、大きく分けて2種類の紫外線があります。

UV-A波

こちらは、肌の奥に侵入する事で、肌の奥に蓄積しダメージを与え、主に肌の弾力やハリを失わせる作用をもたらし、肌を老化させる原因となります。

 

UV-B波

こちらは、肌が炎症を起こして赤くなり、数日後には色素沈着で肌が黒くなる要因となり、これは、シミの原因となります。

 

さらに、こいつは、それだけでなく肌の表面にある細胞やDNAを傷つけるなどして人体への影響が強いのが特徴ですが、A波に比べると量は少ないです。

 

日焼け止めに記載されている記号の意味

市販されている日焼け止めに記載されている記号で「SPF」と「PA」がありますが、こちらは、SPFがB波、PAがA波を防ぐ事を意味し、日焼け止めの成分には、2種類のものがあるんですね!

日焼け止めの効果とは?

先程、説明したB波を防ぐ効果のあるSPFと記載されている日焼け止めは数字が記載されていると思いますが、20分間、日焼け止めを塗っていない肌に対して、どれぐらい日焼けするまでの時間を引き延ばすかを記載したものです。

 

例えば、SPFが30の場合、30×20分ですので、600分。つまり10時間は日焼けを抑制するという事を示しています。

 

変わってPAの方は、+の数で効果の強さを表しているのですが、この「+」の数が多いほど効果が強いという訳なので、男性の方や、日焼けしたいと言う女性の方もいらっしゃるかと思いますが、その場合はシミなどは防ぎたいので、SPFを20でA波を防ぎ老化を防ぎつつ、PAは「++」程度の物を選ぶとB波で程よく日焼けする事が出来ます。

 

これで、老化を防ぎながらキレイに日焼けする事が出来ますね!

 

雑学

日焼けや、目も日焼けするのをご存知でしょうか?

 

目から侵入した紫外線が目のピントを調整する筋肉などの組織を攻撃する事で、脳が紫外線の脅威から身体を守る為にメラニンが生成されシミの原因になる事が分かっています。

 

ですから、UV機能の付いたサングラスを日差しの強い日にかけると言った事は、肌を老化させずキレイに保つ為にも重要な事だと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、メンズエステで利用されているオイルなのですが、このオイルが付着した状態で紫外線を浴びると、これもシミの原因になります。

 

これを防ぐには、オイルマッサージの後にパウダーマッサージをしてもらったり、施術が終わった後にシャワーでしっかりと洗い流すと言った事が重要です。

 

日差しが強くない夜などでしたら、紫外線はありませんので、さほど心配する事はありませんけどね!

 

最後に

では、今回は、紫外線の話から、日焼け止めのお話、そしてメンズエステにおいての肌の守り方までお話させて頂きました。

 

皆様のお役に立つ情報なども更新して行きますので、今後もよろしくお願いします。

コメント

  1. i need a loan my credit is bad need loan now [url=http://ineedloan.me/#i-need-loans]need loan[/url] i need payday loan today, cash advance loans direct lender no teletrack, cash advance loans [url=http://cashadvancess.com/#3000]cash advance loans[/url] 24 hr cash advance loans.